MENU

お知らせ

2017.09.13

東京ゲームショウ2017 スマホ向けRPG『SKYOVER』視点キャラ選択可能なVRアニメーション展示~勇者目線で戦う、ドラゴン目線で襲うなど、4種の体験が可能~

株式会社26とExys株式会社は、幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2017(9/21~9/24)に共同出展します。


特設サイトURL:http://exys2008.com/event/tgs2017/

 当ブースではドラマチック時空RPG『SKYOVER(以下、スカイオーバー)」の体験版をプレイできるコーナーのほか、『SKYOVER VRアニメーション』の体験コーナーを用意。
Exysで展開中のサービス「Exvision(イクスビジョン)」で活躍中のYoutuberが公開収録を行うExvisionステージでのイベントも行います。

◆視点キャラクター選択可能なVRアニメーション作品

 『SKYOVER VRアニメーション』は、スカイオーバーの主人公トットとチビナスが、魔者(まもの)ケットシーやファフニールと旅をしている最中に、魔者ニーズヘッグの襲撃を受けるハプニングを描いた5分程度のショートVRアニメーションです。

キャラクターを選択してそのキャラクターの目線で物語を体験できる仕様が最大の特徴となっており、選択できるキャラクターはトット、ケットシー、ファフニール、そして主人公たちを襲うニーズヘッグの4種類です。展開されるアニメーションが同一でありながら、それぞれのキャラクターによって役割が異なるため、動きの激しさや戦闘への参加など、選択したキャラクターごとに異なった体験ができます。特に注目したいのは強力な魔者ニーズヘッグの視点です。ニーズヘッグは空を飛ぶ大きなドラゴン。自分自身がドラゴンになって大空を駆け、主人公たちを襲う様子を体験できます。

キャラクター選択画面で見やすさや、酔いやすさなどの指標が表示されているので体験する際には自分の体調に合わせてキャラクターを選択してください。
(※ニーズヘッグは特に視線が大きく動くため3D酔いしやすい方はご注意ください。)

 『SKYOVER VR アニメーション』の配信は未定です。そのため、東京ゲームショウ2017がこのVRアニメーションを体験できる少ないチャンスとなります。お見逃しのないようご利用ください。

 

◆『スカイオーバー』とは

2017年8月にリリースされたスマホ向けアプリ。『スカイオーバー』は400万人が遊んだソーシャルゲーム『SKYLOCK(スカイロック)』の作家陣が再度集結して制作されたドラマチック時空RPGです。総合監修を早貸久敏、原作/脚本を渡辺雄介、キャラクターデザインを幹大樹が務め、作中音楽には桜庭統さん、柴田徹也さんのダブルキャスティングを実現。キャラクターボイスに梶裕貴さん、内田真礼さん、堀川りょうさん、速水奨さん、若本規夫さんほか人気声優陣が参加する本作。他では類をみない豪華制作陣でお届けする『スカイオーバー』にご期待ください。
・公式サイト:https://sky-over.com/
・公式Twitter:https://twitter.com/SKYOVERGame
 


◆『SKYOVER VR アニメーション』作品概要

タイトル:『SKYOVER VR アニメーション』
ジャンル:ドラマチック時空RPG
配信プラットフォーム:未定
対象言語:日本語
PV主題歌:NOISEMAKER『sora』  http://noise-maker.net/
キャラクターデザイン:幹大樹
企画/原案:稲冨正博
監督:図師直嗣
ディレクター:西村到
権利表記:©Exys Inc.  ©two-six Inc.

 

◆東京ゲームショウ2017出展情報

特設サイトURL:http://exys2008.com/event/tgs2017/
開催期間:
・ビジネスデイ 2017年9月21日(木)・22日(金) 10:00~17:00
・一般公開 2017年9月23日(土)・24日(日) 10:00~17:00
当社出展ブース:No. 5-C19
展示内容:
・SKYOVER(スマホ向けゲーム)
・SKYOVER VR(VRアニメーション)
・Exvision(ゲーム実況Youtuber支援システム)
 

プレスリリースはこちら